2017-03-12

あまさけ

去年、NHKのあさイチであまさけの作り方を

やっていたので、作ってみました。

20170312_122102816x612

家では、酒粕を使った甘酒はよく飲んでましたが、

3年前程に八海山の麹だけで作った『あまさけ』に

出合ってからは、ノンアルコールというのと麹だけで

出来ているのに、ほどよい甘味が氣に入って

ずっと飲んでます。

ただ、最近の甘酒ブームでてに入りにくく

いつも愛飲している人にとっては、

厳しい状況weep

なので作ってみた次第。

1回目は発酵の途中で一度加熱するときに

温度を上げすぎたか、甘味が薄い感じに。

2回目は八海山の『あまさけ』に近い甘味が

出た感じで、美味しく出来たので成功かなと♪

飲みむというより食べるあまさけです。


あさイチの作り方では、麹と餅米で作ります。

程よい甘味も出るしノンアルコール。

炊飯器と500mlの保温できる水筒が

あれば出来るので、

少し時間はかかりますますが、お家で

美味しく作れますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-01-02

お稽古32

久し振りなので続けて書こうかと。

先に9月のレッスンをNo.31としてUp してしまったので

前後しますがご容赦を…

昨年の、2月のレッスンです。



Img_4148

パプリカのグリル

手打ち生パスタ(Farffalle ファルファッレ)

鶏肉の香草パン粉焼き

の3品。



Img_4151

パプリカは、半分に切って中にプチトマトを置き、

オリーブオイルをかけてオーブンで焼くだけ。


Img_4156

仕上げにケッパーを乗せ完成。



Img_4153

生パスタは、ファルファッレといって、蝶の形にします。

ソースはお好みですが、今回はベーコンとトマトを

ベースで作りました。




Img_4154

香草焼きは、肉の筋を切りオレガノやセージ

ローズマリーを細かく切り、お肉にからませ

パン粉をつけて揚げ焼きにします。







 Img_4157

ケッパーの実を今回初めて見ました。

中に種のようなものが詰まってましたよ。面白いhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-09-28

お稽古31

間がだいぶ抜けてますが、3ヵ月ぶりの料理教室です。
 
 
 
今日は、
 
サラダ菜とラディッシュのサラダ
 
ジャンバラヤ
 
ジャークチキン
 
の3品。
 
 
 
サラダは切って、バルサミコ酢や塩・オリーブオイルをかけ、あえるだけ。
 
ラディッシュは、スライスせず、軽く潰して食感を楽しむ感じに仕上げました。
 
 
 
ジャンバラヤは、鶏肉のスジを切りクミン・チリペッパー・パプリカパウダーの香辛料で下味をつけ、フライパンでこんがりと焼きます。
 
スパイシーで美味しかったぁ
 
 
ジャークチキンは、洗った米を炒め、ジャンバラヤと同じ香辛料と具材と共に炊きます。
 
こちらもスパイスがきいてて、美味しい
 
この2つは、南米のケイジャン料理だそうです。
 
料理の原形はスペイン料理で、これはスペインから移り住む人々が多かったからだとか。
 
ジャークチキンは、パエリアっぽいなぁと思い聞いたところ
 
パエリアは米は洗わないが、これは洗った米を使って炊く
 
とのこと。
 
お勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-06-11

ハッピーアワー

Img_2039

何年かぶりにHABに行きました。

ワールドカップの時には、お客さんで溢れるんでしょうね。

19時までドリンクが半額ということで、仕事帰りに職場の仲間と

おつまみと供に楽しみましたhappy01

おつまみは、定番のfish&chips。 隣はアサイーベースの

ノンアルコールドリンクのです。

アサイーは最近、よく店頭で見かけるようになりましたね。

数年前はから飲んでますが、売っているところが増えたので

買いやすくなり嬉しい限りです。

私は、牛乳で割って飲んでます。 美味しいですよ~good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-03-22

お稽古30

続けて12月のレッスンは

鴨肉のハチミツと黒胡椒ロースト

きのことのスパゲティー

簡単ティラミス

の3品。




Img_4063

鴨肉のローストは、塊のまま表面に焼き色を付け

冷めたら、ブランデーやハチミツ・塩でマリネします。

オーブンで焼き、中心温度が60℃になったら取り出し休めます。

切り分けて、マリネ液で作ったソースをかけ完成。

お肉がしっとりしてて、ほんのりハチミツの甘みと表面に振った

黒胡椒が効いて美味しいです。




Img_4064

スパゲッティは今回は特に何処のという訳ではなく作ったもの。

ホワイトソースがベースです。




Img_4069

ティラミスは、本当に簡単です。

焼かないし、混ぜ合わせるだけ。

サボイアルディというビスケットのようなものを使用します。

マスカルポーネと生クリームを混ぜ合わせたものと

濃いめのコーヒーに浸したサボイアルディを交互に重ねていきます。

3時間ほど冷蔵庫で冷やし、ココアパウダーを振りかければ出来上がり。

ティラミスは北イタリア生まれのチーズケーキの一種。

一説では、ヴェネチアかトレヴィーゾではないか?と云われていると

教えてもらいました。

1月は以前書いた新年会でしたので、次は2月のレッスンを書きます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-02-26

お稽古29

書けてなかった11月のレッスンのメニューは、

Img_3059


柿と生ハム

生うにのクリームパスタ

かじきまぐろのパン粉焼き

の3品。



Img_3063

柿と生ハムは、柿を12等分にして生ハムを巻いただけ。

仕上げにバルサミコ酢をかけるだけ。

簡単なうえに、美味しいのでお試しください。

この後の11月末に南イタリアに行ったのですが、柿の木があちこちに。

納得しましたgood




Img_3064

うにのパスタは、うにに少し火を通す程度にパスタとソースと共に

フライパンで和えれば完成。

ソースはトマトの水煮・生クリーム・白ワインなどで作ります。

うにがトロッとしてて濃厚です。



Img_3062

まぐろは塩・胡椒してパン粉をつけ、フライパンで焼いただけ。

後は松の実とレーズンを散らし、食べる際にレモンをかけると

さっぱり爽やかな感じで、油もあまり氣になりません。


手が込んだ感じに見えますが、結構簡単に出来て

この回は、一番早く最短で完成したかもですsmile















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-02-10

お稽古28

9月の後、タイミングが合わずに書けませんでしたcoldsweats01

今更ですが、復習の意味も込めて

10月のレッスンの内容を書きたいと思います。




Img_2990

アランチーニ

鰯のトマトソース シチリア風

ポッリート ミスト ソース添え

の3品。




Img_2986

アランチーニは、炊いたご飯にミートソースとパルミジャーノチーズ

などを混ぜ、パン粉をつけて揚げるだけ。

ご飯にはしっかり味が付いてので何もつけなくても

美味しく頂けます。チーズがポイントかな。




Img_2992

鰯のトマトソースは、今回オリジナルで考えたとか。

鰯は小麦粉をまぶしてカリッと焼いて、三等分にしてから

トマトソースと和えパスタも加え、出来上がり。

松の実やレーズン・アンチョビが味のアクセントで効いてます。




Img_2993

ポッリート ミストはポトフのこと。

豚バラと手羽に塩を擦り込んでおき、1時間以上置いておきます。

鍋で野菜と先程のお肉を一緒に入れ、1時間半ほで煮込んでいくだけ。

今回はジェノベーゼソースとマスタードで頂きました。



どれもボリュームたっぷりで食べきれず、少しづつお持ち帰りしました。

ポッリート ミストはゆず胡椒でも美味しく頂けましたよwink







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-02-03

お稽古 2014新年会

先月末に、昨年に続き『ドラマティコ』にて新年会でした。

いつもの、日曜クラスの方達と楽しい時間を過ごしましたよhappy01

まずは前菜盛り合わせ


Img_4082

()
Img_4078←いいだこサラダ

Img_4079←さよりのカルッパチョ

Img_4080←鴨とカポナータ

Img_4081←シャンピニオンスープ



牡蠣のパスタ
Img_4084



子羊のロースト・マルサラ酒とつぶマスタードソース
Img_4086



洋ナシタルトとチーズ チョコレートスープ
Img_4089

今回は自家製サングリアと共にいただきました。

甘すぎないサングリアとお料理がよく合ってました。

このお店は、お料理も美味しいのですがdolceも絶品lovely

また、来年の新年会も楽しみだなぁ…(笑)





























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-10-09

お稽古27

9月のレッスンは

モッツァレラ イン カロッツァ

ポテトグラタン

仔羊のソテー レモンアンチョビソース

の3品。




Img_1371

モッツァレラ イン カロッツァは、ホットサンドのようなものです。

食パンの間に、モッツァレラ チーズとアンチョビをサンドして

卵と粉チーズを溶いた卵液に浸し、フライパンで揚げ焼きにする。

チーズとアンチョビがよくあって、チーズのとろけ加減もよく美味でした。




Img_1375


じゃがいもは薄くスライス、玉ねぎも薄く切っておく。

耐熱皿にバターを塗り、切った野菜を敷き詰め

生クリームと粉チーズ・牛乳を混ぜたものを中に注ぎ入れます。

オーブンで焼いたら出来上がり。

簡単で美味しい! 付け合せにもなりますよ。


Img_1372






Img_1370

仔羊のソテーは、骨付きラムチョップを使用。

白ワインやバター他でソースを作り、両面に焼き色を付けた

お肉を戻します。

お肉が温まったら完成。

レアな感じに仕上がりました。

他の皆さんは、レンジでさらに過熱して食べてましたが、

私はラムが好きなのもあり、氣にならなかったのでこのまま頂きました。

美味しかったですよ~heart04


イタリアにはレンコンはないですが、よく合いますよwink

(酢漬けのレンコンを使用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-09-03

お稽古26

先月は、久しぶりのレッスンでした。

7月は仕事の都合で参加できず…3ヶ月ぶりです。

今回は

生パスタ

Ponzonella(パンサラダ)

ズッキーニの焼きあげボール

の3品。


まずは生パスタから。

セモリナ粉と強力粉をブレンドしてつくります。

卵やオリーブオイルを加え、一まとまりにしたら冷蔵庫で


休ませ、マシーンで伸ばしていきます。

Img_2872


生なので3分位で茹であがります。

Img_2876


今回はトマトソースで味付けしました。

もちもちした触感で、平麺にしたのでソースとの絡みもよく

美味しかったですgood




Img_2878

パンサラダは少し硬いパンを使います。今回は付け合せ的なものに。

イタリアではガッツリ食べるみたいですが。。。

ちぎったパン白ワインビネガーであえ、細かく切った野菜を加え

塩コショウして和えるだけ。

酸味は意外と感じられないので、酸っぱいのが苦手な

方にもいけるかと。

さっぱりとして、口直しによいです。





Img_2877

焼き上げボールは、以前ブロッコリーで同じものを作りましたが

ズッキーニは少し水氣が多いので、良く絞ってから加えます。

ベースはパルメザンチーズ。

イタリアンパセリにハム・パン粉など混ぜ合わせ

ボール状、または写真のようにまとめてフライパンで焼きます。


チーズの風味と荒く切ったズッキーニの触感がよく合ってて、

簡単に作れ冷めてもいけるので、お弁当のおかずにもよいかも。




やはり、パスタマシーンはすごいですね。


Img_0373

そんなに作るのか!! と突っ込みたくなりますが欲くなっちゃいましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧